取得可能資格 必要な資格をご紹介いたします。

管理栄養士

厚生労働大臣の免許を受けて、管理栄養士の名称を用いて、

  • 傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導
  • 個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導
  • 特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行うことを業とする者をいう(栄養士法1条2項)。

栄養士との違いは栄養士は都道府県知事の免許を受けてに従事することを業とする者をいう。

職場

病院

病気の治療・回復・合併症の予防を目指して各患者さん栄養管理や栄養指導を行いながら、患者さんの献立作りなどを行っています。

学校

幼稚園、小学校、中学校、夜間定時制高校などで献立作成、栄養管理、食管理などを行っています

老人ホーム

特別養護老人ホームで栄養管理、食生活指導を行っています。
高齢社会に於いてデイケアセンターなどでの仕事は紺がますます需要が増していくのではないかと注目されています。

児童施設

乳幼児への食事の提供、栄養管理、食育を行っています。
保育園の給食は、主食とおかずの両方を用意する完全給食ですが、保育園によってその形態はさまざまです。

心身障害児施設

心身障害児者への栄養管理、摂食機能障害の指導訓練を行っています。

矯正施設

法務省所管刑務所、拘置所、少年院、鑑別所、補導院等での給食管理、栄養指導を行っています。

行政機関

都道府県・保健所・市町村保健センターで栄養指導や保健事業を行っています。
また栄養調査や給食施設の指導を行っています。

民間企業

事業所、工場、寮等での給食管理、栄養指導を行っています。

教育養成

栄養士・管理栄養士養成、保健・福祉関係の大学等での教育研究を行っています。

スポーツ栄養分野

スポーツ選手の食事面をサポートする仕事を行っています。
あまり就職口としては少ない分野ですが、非常に高い知識を問われる仕事です。またフィットネス施設を利用する人たちへの栄養指導も行っています。

平均年収

331万円

臨床検査技師

医師の監督指導のもと、血液や尿、便などの検体を使って検査をしたり、心電図、エコーなどを患者さんに直接触れて検査する生理学的検査を行うことができる厚生労働大臣認定の国家資格です。簡単に言うと医師が病気の診断や治療方針、予後の判定など決定するのに必要な情報を提供する医療職種です。資格所得の為には高等学校を卒業後、大学や専門学校で臨床検査技師の養成課程を修め、国家試験に合格後、免許申請を行い臨床検査技師名簿に登録されてはじめて臨床検査技師として認められます。

臨床検査技師の部門種類

生物化学分析部門

この部門には、臨床化学検査、免疫血清検査、環境物質検査、血中毒物検査、毒劇物検査、遺伝子・染色体検査などがあります。臨床化学検査は血液や尿などを化学的に分析し、その成分の増減から疾患との関連を調べます。また、免疫血清検査では肝炎、梅毒、リウマチなどに関する検査を行います。薬の効果的な量と有害作用をひき起こす量が近い薬物の濃度を調べ、個々に最適な投与を決める検査を調べるものです。遺伝子・染色体検査では遺伝子を解析し、将来発症する恐れのある病気について検査し、遺伝子診断や遺伝子治療に役立てています。

生理機能検査部門

この部門には、神経・平衡感覚機能検査、循環機能検査、呼吸機能検査、画像検査などがあります。神経・平衡感覚機能検査には脳波や筋電図などがあり、神経系疾患について検査を行います。また、循環機能検査では、心電図検査などで心臓の機能、不整脈などを調べ、呼吸機能検査では肺活量などを測定し、呼吸器疾患に関する検査を行います。画像検査には、超音波検査、MRI検査などがあります。

形態検査部門

この部門には、細胞検査、病理検査、一般検査、血液検査などがあります。細胞検査では組織から剥離した細胞を検査し、がん細胞等を見つけ、また、病理検査は臓器や組織に異常がないかどうかを詳しく調べる検査です。一般検査は尿・便・髄液など、血液検査は赤血球、白血球、血小板などを調べる検査です。

感染制御部門

この部門には、細菌検査、ウイルス検査、寄生虫検査、疫学検査、公衆衛生検査などがあります。細菌、ウイルス及び寄生虫検査では、病気の原因となっている微生物等を検索・同定し、それらに対しどのような薬が有効かを調べます。疫学検査は病原体の感染経路を調査し、また、公衆衛生検査は環境破壊、汚染などが人体にどのような影響を与えるかを調べるものです。予防医学は疾病の早期発見・早期治療だけでなく、疾病予防・健康増進という側面も調べます。

移植検査部門

この部門には、輸血検査、移植検査、生殖医療などがあります。輸血検査は血液型や使用する製剤の適合性を調べる検査で、移植検査は提供される臓器の適合性を調べるものです。また、生殖医療は体外受精や不妊治療に関する検査を行います。

総合管理部門

この部門には、企画・運営があり、検査部の日々の検査室の運営、人事管理、物品管理、精度管理等を行っています。

職場種類

病院、予防医学センター、臨床検査センター、衛生検査所、製薬・食品・医療機器メーカー、保健所、大学・要請施設など多岐にわたっています。

平均年収

470万円

臨床工学技士

病院の中には医師や看護師の他に、レントゲン・CT・MRIなどを扱う診療放射線技師、血液や細菌検査・心電図や脳波などの検査を行う臨床検査技師、リハビリテーションを行う理学療法士が働いています。ここでご案内する『臨床工学技士』も病院で働く医療技術者です。医師以外の診療補助に従事する看護師や各種の医療技術者のことをコメディカルと呼んでいます。臨床工学技士はコメディカル職種の一種であり、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。今後益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。

臨床工学技士の業務

血液浄化療法での業務

体内に貯まった老廃物などを排泄あるいは代謝する機能が働かなくなった場合に行う、血液透析療法、血液濾過療法、血漿交換療法、血液吸着法などの血液浄化療法は、全国の病院やクリニックなどの3000を超える施設で施行されています。これらの施設で、血液浄化装置の操作や点検を行っています。

OPE室での業務

手術室には、大きな機器や小さな機器が数多くおいてあります。手術が安全に行われるために、そのような広範な医療機器の操作や事前の管理が重要になります。特に心臓手術の際、心臓や肺に代わる働きをする体外循環装置(人工心肺)など多いときには数十台もの機器が同時に使われます。その際の機器の操作や使用前の点検などの仕事を臨床工学技士が受け持ちます。

集中治療室での業務

集中治療室とは心臓や頭などの手術をした後の患者さんや、呼吸・循環・代謝などの機能が急に悪くなり、命に関わる患者さんを収容して集中的に治療するところです。ここでは、人工呼吸器や心臓が正しく動くのを助けるペースメーカや除細動器などの生命維持管理装置の操作や点検を行います。

高気圧酸素療法での業務

高い気圧の下で酸素を吸入させることで、血液中の酸素を増やすのが高気圧酸素療法で、様々な疾患の治療に用いられます。これらの呼吸に関わる医療機器の操作や点検などを行います。

医療機器管理業務

生命維持管理装置に携わる臨床工学技士は、手術室、人工透析室、集中治療室、高気圧酸素治療室など、医療施設の様々な分野で活躍しています。これらにある医療機器の操作や、安全で性能が維持できるように保守・点検を行い、また集中管理をすることにより効率的で適切な運用ができるようにしています。

理学療法士

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。
ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

活躍する場所

介護保険サービス

通所リハビリテーション/訪問リハビリテーション/住宅改修・福祉用具のアドバイス

医療サービス

病院/診療所

保健サービス

健康教育/介護予防

行政サービス

市・区役所/特殊支援学校

福祉サービス

障害者福祉センター/障害児(者)通所・入園施設

トータルヘルスプラン事業

健康管理/スポーツ

関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。

理学療法士は国家資格であり、免許を持った人でなければ名乗ることができません。理学療法士は主に病院、クリニック、介護保険関連施設等で働いています。中には専門性を生かし、プロスポーツのチームに属している理学療法士もいます。

  • 健康管理、身体機能保持・増進のために
    人生80年の時代に、健康を維持していくために、その人に合った身体運動をアドバイスします。
  • 家で寝たきり・閉じこもりがちな人たちへ
    生活にメリハリをつけ、寝食を分け、生き生きとした、その人らしい生活をみつけるための支援をします。
  • 障害があって在宅生活を始める人たちへ
    いざ、病院を退院し在宅生活を始めると、その環境の違いや介護方法など、戸惑うことが多くあります。 その人に適した理学療法を提供します。
  • 障害のある子供たちへ
    成長とともに、その成長を手伝うのに、どのような方法がよいか、共に考えます。

平均年収

389万円

作業療法士

作業療法士とは、国家試験により免許を受け、医師の指示のもとに農耕・畜産・園芸・手芸・木工などの適当な作業を行うことにより、障害者の身体運動機能や精神心理機能の改善を目指す治療(作業療法)を行う人のことです。 リハビリテーションの現場において、理学療法士・言語聴覚士とともに活躍する医療 ・福祉界のスペシャリストです。作業療法士は、人間として生きていく上での(作業)活動を理解・分析し、利用できるよう力を身につけることが不可欠とされていて、入浴や摂食などの日常生活動作から 、職場復帰に至るまで、作業療法士は広く関わっています。障害をもった人々の自立生活の援助や個々の潤った日々作りに積極的に関与する作業療法士の仕事は、生活そのものを力強くサポートしてゆきます。つまり、身体や精神に障害を持つ患者の機能回復から日常生活までをサポートする専門家のことです。手工芸、絵画、音楽、生活動作訓練などの作業療法を用いて、患者の自立や社会復帰を手助けします。

作業療法の範囲

1.身体障害の作業療法

病気や事故のため身体に障害を負った方々に対し、今後生活していくための問題を的確に評価し、いろいろな作業活動を用いて治療を行います。また障害があっても残された機能を最大限活用し、身辺動作や家事動作、仕事への復帰をめざした訓練を行います。更に、在宅の障害者やその家族の方々が生活しやすいように指導、援助を行います。

2.発達障害の作業療法

発達時期に障害を受けた子供たちに対して、遊びを中心としたいろいろな作業活動を利用して、個々の子供の発達課題(運動機能、日常生活技能、学習基礎能力、心理社会的発達など)や現在、将来にわたる生活を考慮した治療を行います。また、たとえ障害があっても家庭や学校、社会で生き生きと生活できるように指導、援助を行います。

3.精神障害の作業療法

精神疾患により生活に障害をもった方々に対し、個別あるいは他の人たちとの関わりや、具体的・現実的な作業活動(遊び、創作的なものから日常生活に関連するものまで)を利用し、精神機能の向上、対人関係能力の改善、作業能力の改善などをはかり、その人にとってのより良い生活が送れるように指導、援助を行います。

4.老年期障害の作業療法

さまざまな疾患や諸機能の低下をもつ老人に対して、いろいろな作業活動を用いて治療、訓練を行います。また、老化などによって生じる生きがいや役割の喪失、引きこもりなどの心理的・社会的な問題に対しても、個々の老人のおかれた環境の中で、より主体的な生活ができるように指導、援助を行います。

平均年収

389万円

言語聴覚士

話す、聞く、表現する、食べる・・・。誰でもごく自然に行っていることが、病気や事故、加齢などで不自由になることがあります。また、生まれつきの障害で困っている方もいます。こうした、ことばによるコミュニケーションや嚥下に問題がある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援するのが言語聴覚士の仕事です。医療分野はもちろん、教育、福祉の分野にも活動の場が広がりつつあります。

活躍するフィールド

医療施設・保健施設・福祉施設・教育機関

放射線技師

診療放射線技師は、国家資格をもった医療分野の専門職です。病院や診療所といった医療機関に勤務し、健康診断などでよく知られているエックス線(レントゲン)撮影から、放射線をつかったがん治療まで、さまざまな仕事に携わることができます。人体に放射線をあてて撮影や治療ができるのは、医師、歯科医師以外では診療放射線技師だけです。

医師が診断に使う画像を診療放射線技師が撮影します。撮影にはエックス線(レントゲン)撮影のように放射線をあてる方法もあれば、弱い放射線の出る物質を、薬のかたちで人間の体内に入れて検査する方法もあり、高度な医療機器を使いこなす必要があります。

放射線機器管理士

所定の講習を受講し、放射線機器管理士認定試験に合格したもの

現在の放射線診療においては、画像診断機器や放射線治療機器、関連する情報管理機器まで幅広い機器の特性を理解し、その安全かつ適正な利用のための機器管理が実施されねばなりません。診療放射線技師が大学等での養成課程で学んでくる機器管理・品質管理の知識をベースに、各分野の関係法令や標準規格まで、講習ではそれらを十分に学んでいただきます。試験は講習で学ぶ範囲とその関連する事項についての知識・応用力を問います。
1996年に最初の試験が実施され、2007年9月の試験からは、国際放射線専門技師認定機構による国際認定試験として日本を含む3ヶ国で実施されています。

放射線機器管理士が担う業務

  • 医療施設における放射線関連機器の性能維持と安全確保により、良質な医療サービスの提供に努める。
  • 放射線関連機器ごとに必要な管理計画を策定する。
  • 放射線関連機器利用業務に従事するものに対し、安全確保に必要な教育訓練を実施する。
  • 業務の結果を報告されたときには、その内容により必要な指示を与える。

放射線管理士

所定の講習を受講し、放射線管理士認定試験に合格したもの

医療施設内外における放射線安全管理に貢献できる人材の育成に努め、放射線被ばくから国民の生命の安全確保に努めることを目的として設けた資格です。講習や試験では診療における放射線防護はもちろん、医療以外においての線量計測、除染、災害時対応や関係法令を専門的に学ぶこととなります。
1999年に最初の試験が実施され、2007年9月の試験からは、国際放射線専門技師認定機構による国際認定試験として日本を含む3ヶ国で実施されています。

放射線管理士が担う業務

  • 医療施設における放射線管理・被曝管理。
  • 放射線災害や放射線関連緊急事態に対しての安全確保や汚染除去、被曝防護。
  • 関係機関との連携および日常的な教育訓練の実施。
  • 一般市民や放射線災害発生地域住民への助言や相談対応。

医用画像情報管理士

所定の講習を受講し、医用画像情報管理士認定試験に合格したもの

PACS・RISの運用管理を行う知識を持ち、適切な医用画像の利用を進める人材が求められています。2005年3月に第1回の医用画像情報管理士認定試験が実施されました。2005年10月の第2回認定試験からは、大韓放射線士協会KRTAとの共同認定、さらに2006年10月実施の第3回試験からは国際放射線専門技師認定機構(アジア地域放射線技師会の主要国で構成)による認定となっています。 この国際認定制度への参加国は2007年9月実施分より6ヶ国となっています。

医用画像情報管理士が担う業務

  • 医療施設における医用画像のQuality確保と効率的なワークフローの実現。
  • HIS/RIS/PACS連携、広域PACS連携、遠隔画像診断における画像情報管理。

臨床実習指導教員

実習施設指導者等養成講習会(財団法人医療研修推進財団P-MET実施 本会・厚生労働省後援)を受講し、修了証書を授与されたもので、その後に所定の講習を受講し臨床実習指導教員認定試験に合格したもの

財団法人医療研修推進財団(P-MET)が実施している実習施設指導者講習会の受講者に対し、本会主催のグレードアップ講習会を実施して、臨床現場に即した最新の知識を習得していただきます。臨床実習指導教員としてのスキルアップを積んだ上で臨床実習を効果的に実施し、診療放射線技師の資質向上を図ることを目的として設けた資格です。

技師格認定制度

診療放射線技師の継続学習の基準と目標を明確にし、それにより得られる資質の向上をもって国民保健の維持発展に寄与することを目的に、技師格認定制度を設置しています。国家試験に合格して免許を取得した後の継続学習の積み重ねにより、所定の達成度を満たすと判断された場合に、申請により称号が付与されます。

  • 1) アドバンスド放射線技師
  • 2) シニア放射線技師
  • 3) マスター放射線技師

アドバンスド・シニア・マスターの3種の放射線技師格認定のための審査は、提出された申請および証明書状により審査委員会において厳正に行われます。認定に必要な生涯学習実績は下の必要要件に示されております。

平均年収

512万円

視能訓練士

視能訓練士は、国家資格を持つ医療従事者です。欧米では古くから眼のスペシャリストとして活躍しています。日本でも1971年に視能訓練士法が制定され、約8,000名が国家資格を取得しています。高齢化に伴い眼の疾患が増加しているため、今後の活躍が期待される医療職です。

検査

「眼」は複雑な器官であるため、多くの検査があります。視能訓練士は、診断に必要な患者様の検査データを医師に提供します。医師は、正確な検査データを基に、診断・治療方針を決定します。

訓練

赤ちゃんの視力は、0.02程度です。色々な物を見ることで視覚は育ち、6歳までに大人の視力に達します。子どもの頃に「見ること」が妨げられると、視覚は育ちません。このような未発達の視覚を育てるお手伝いをします。

検診

病院だけでなく、保健所・学校・職場などで集団検診を行います。特に普段から小児の視能検査を行い、子どもに慣れている視能訓練士は3歳児健康診査などで大活躍しています。

リハビリ

治療や訓練では回復困難な視覚になった時、残っている視力や視野を最大限に活かすため、様々な補助具に関する情報を提供します。個々のニーズに応じてルーペなどの補装具や拡大読書器などの補助具の選定と使用訓練をします。

勤務先について

  • 眼科(大学病院、総合病院、診療所、リハビリ施設など)・・・9割以上
  • 教育・研究機関(大学、専門学校)
  • 進学(大学院)
  • 医療系企業

介護福祉士

法律では、
「介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」と定義しています。

しかし、資格制度創設後10年以上を経て、介護福祉士に求められる役割は大きく 変化しています。身の回りの世話をするだけの介護から、高齢者や障害者等の生き方 や生活全体にかかわることで利用者の暮らしを支え、自立に向けた介護利用者や 家族と共に実践することへと変わってきています。

業務内容

身体介護

食事、排泄、衣服の着脱、入浴、身体の衛生管理などを介助します。
その他にもベッドから車椅子、トイレなどへの移動、歩行の介助も行います。
利用者の障害等の度合いも様々です。
相手の状態に合わせて、全てを行うのではなく、自立支援を前提としたものなのになります。

生活援助

「家事援助」とも言い、食事(調理等も含む)、掃除、洗濯、整理整頓など、日常生活に関わる家事を援助します。
必要に応じて、外出への同行(買い物、通院等)も行います。

相談・助言

生活や身上、介護に関しての相談に乗り、助言を行います。
介護保険に基づいたサービスは様々な規定があり、介護認定、受けられるサービスの種類や、料金など細分化されていますので、高齢者にとっては理解し辛い事も多いはずです。

社会福祉士

社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又たは 医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連携及び調整その他の援助を行うことを業とする者」とされています。仕事内容は、一言で表現すれば、利用者の生活と権利を守り、自立を支援するため、時には利用者を代弁し、ほかの専門職と連携し、利用者の最善の利益の実現を目指してソーシャルワークの価値と倫理を尊ぶ、価値・知識・技術に支えられた実践を行う専門職であるといえるでしょう。

総合メディプロ株式会社(以下「弊社」といいます)が提供するコメディカルプロ(以下「当サービス」といいます)では、ウィキメディア財団が運営する日本語版ウィキペディアに含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用・改変し、当サービスをご利用になるお客様に当該情報を提供しています。

弊社は、当サービスをご利用になるお客様に対して、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)および あるいは または GNU Free Documentation License (GFDL)に定める各条項に基づき、当該情報を提供しています。

当サービスでは、当該情報は定期的に更新しますが、当該情報とウィキメディア財団の運営するサイトにおける情報の内容には差異が生じる可能性がありますことを予めご了承ください。

年収データは厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より取得しています。参考程度にとどめてください。

弊社は、お客様が当該情報をご利用されることによって発生した直接・間接の損害に対し、いかなる責任も負いません。また、お客様が当サービスのご利用を通じて得た情報等の経済性、正確性、完全性等について、一切責任を負いません。

転職サポート無料登録

転職サポート無料登録 会員登録の3メリット 1.全ての求人へのご応募 2.非公開求人のご紹介 3.専属カウンセラーによる転職サポート

サービス紹介

転職講座

カウンセラー紹介

和田 照秀

和田 照秀

転職のご相談を受ける際に、"ご自身の将来について、どの様なビジョンを持っているか"を必ず確認するようにしています。「あま…

カウンセラー一覧を見る

お友達紹介キャンペーン

GeoTrust

総合メディプロ株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております。

プライバシーマーク

総合メディプロ株式会社は、プライバシーマークを取得しております。

取得可能資格 ページ先頭へ